出席できない場合

開演前

結婚式の時に必要になる知識が「電報」です。電報というのは結婚式に招待されて、出席できない場合に、お祝いのメッセージを伝えるというものです。
招待された時だけではなく、招待されていない場合でもメッセージとしても電報を打つこともあります。

電報の際に必要な情報は、会場の住所や部屋名などの電報を届ける場所と、受取人の名前、届け日、文面です。
受取人の名前は会場の名前と、新郎新婦どちからの名前を書きます。新婦の名前を記載する場合は旧姓で送るようにします。
名前の前に「旧姓」という文字をつけるのがマナーとなっています。

どういったことを書けば良いのか迷う人も多いですが、シンプルなお祝いメッセージでも十分です。
1行から2行ほどの文面を書くことが多いです。
結婚おめでとう、お幸せに、お祝い申し上げます、といった言葉を送る人が多いです。

電報によってかかる料金は文字数で決まります。また、文字数だけではなく漢字なのかひらがななのかなどによっても変わります。
漢字で25文字以内だと700円、ひらがなは490円です。文字数が多ければ多くなるほど料金は高くなります。

結婚祝い

新郎新婦

結婚式、披露宴に出席できない場合は電報を送ることが多いですが、出席する場合は、祝儀と結婚祝いを式の前に贈るのがマナーとなっています。
結婚祝いは祝儀を通まずに品物を贈るだけでも大丈夫です。

詳細を確認する

実用性があるもの

花嫁

結婚祝いを贈るなら新郎新婦に喜んでもらいたいものです。失敗しない結婚祝いを選ぶ場合は、人気のものを買っておくべきです。
1番人気なのは食器、その次は調理器具と実用性が高いものが上位になっています。

詳細を確認する

お礼、感謝

教会

友人や親族が結婚するということは非常にめでたいものです。ゲストは新郎新婦の晴れ姿を見ることができます。対して、新郎新婦はゲストの力を借りて結婚式を成功させることができます。
ゲストの感謝の気持ちを表すためにはお礼やお返しをするのが常識です。

詳細を確認する

誰が渡すのか

ウェディングケーキ

結婚式の当日にお礼や感謝として、お金を渡す場合は親が渡すと良いです。新郎新婦は忙しいですから、親から渡すとスマートに行うことができます。
渡している時はなるべく目立たないように渡した方が良いです。

詳細を確認する

返信

花嫁と花婿の人形

結婚式の招待状が来た場合は出席か欠席かどうかの返信をする必要があります。式場が遠かったり、弔事が重なったり、と返信に困る時があります。
そういう時に知識を持っておくと困らずに返信することができます。

詳細を確認する

関連情報

  • 素敵な結婚式に華を添えましょう。プロフィールビデオを上映すると、成婚に至るまでの道のりをゲストと一緒に楽しむことができます。
Copyright(c) 2014 結婚式に出席できない場合に電報で送るお祝いのメッセージ. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com